全国の児童相談所


横浜市西部児童相談所

横浜市西部児童相談所は、横浜市が設置する児童相談所です。
児童相談所とは、児童福祉法に基づいて、都道府県および政令指定都市が設置する児童福祉推進のための行政機関です。
必置ではありませんが、特別区や中核市についても児童相談所を独自に設置してよいことにもなっています。
児童相談所では、18歳未満の子供に関する問題について、家族、関係機関、子供本人などからの相談に応じています。
その相談内容に応じて、児童福祉司、児童心理司、精神科医、小児科医などの専門職員が、それぞれ対応しています。





横浜市西部児童相談所へのアクセス


名称横浜市西部児童相談所
[注] リンクのURLをクリックすると公式ホームページにジャンプします。
所在地〒240-0001
神奈川県横浜市保土ケ谷区川辺町5-10
電話番号045-331-5471
[注] 児童相談所全国共通ダイヤルは189(最寄りの児童相談所につながります)
管轄区域保土ケ谷区、旭区、泉区、瀬谷区
交通案内相模鉄道「星川駅」から徒歩2分
一時保護この児童相談所には一時保護所が設置されています。
備考
※ 「一時保護所」とは、児童虐待・置き去り・非行などの理由がある子どもを一時的に保護する施設のことです。

特別区の児童相談所

児童相談所は子供や家庭にとって重要な役割を持つものの、専門スタッフの確保や予算などの制約があることから、これまでは都道府県や政令指定都市などの比較的大きなエリアに限って設置されることになっていました。
しかし平成28年6月の児童福祉法改正により、政令で指定された特別区でも児童相談所の設置が可能となりました。
このため東京都江戸川区をはじめとして、従来よりもより身近なエリアでの児童相談所の新規開設が進められています。