全国の児童相談所


東京都立川児童相談所

東京都立川児童相談所は、東京都が設置する児童相談所です。
児童相談所とは、児童福祉法に基づいて、都道府県および政令指定都市が設置する児童福祉推進のための行政機関です。
必置ではありませんが、特別区や中核市についても児童相談所を独自に設置してよいことにもなっています。
児童相談所では、18歳未満の子供に関する問題について、家族、関係機関、子供本人などからの相談に応じています。
その相談内容に応じて、児童福祉司、児童心理司、精神科医、小児科医などの専門職員が、それぞれ対応しています。





東京都立川児童相談所へのアクセス


名称東京都立川児童相談所
[注] リンクのURLをクリックすると公式ホームページにジャンプします。
所在地〒190-0023
東京都立川市柴崎町2-21-19
電話番号042-523-1321
[注] 児童相談所全国共通ダイヤルは189(最寄りの児童相談所につながります)
管轄区域立川市、青梅市、昭島市、国立市、福生市、羽村市、あきる野市、西多摩郡
交通案内JR「立川駅」または多摩モノレール「立川南駅」から徒歩10分
一時保護この児童相談所には一時保護所が設置されています。
備考立川児童相談所は令和2年11月24日に移転しました。
※ 「一時保護所」とは、児童虐待・置き去り・非行などの理由がある子どもを一時的に保護する施設のことです。

児童相談所の職員採用

児童相談所の職員の採用形態はいろいろとあります。通常は毎年1回行われている都道府県や市区職員の採用試験で筆記試験・面接試験などを経て合格した事務職員が人事異動で配属されるケースが多いといえますが、事務ではなく心理や福祉などの特別な職種で採用されるケースもあります。ほかには嘱託職員として随時採用している場合もありますが、この場合はたとえば臨床心理士や実務経験者などの募集条件が付いていることや、雇用期間に一定の制限があることもありますので、募集要項はよく確認しておく必要があります。また、簡単な台帳整理やパソコン入力などの事務であれば、アルバイトの募集が行われることもあります。