全国の児童相談所


東京都練馬児童相談所

東京都練馬児童相談所は、東京都が設置する児童相談所です。
児童相談所とは、児童福祉法に基づき、18歳未満の子供が心身ともに健やかに育つよう、子供に関するどのような相談にも応じる公的な機関のことです。
児童福祉司(ソーシャルワーカー)、児童心理司、医師、家庭相談員などの専門スタッフが相談に当たり、助言や指導などを行うほか、緊急の際には子供を一時保護します。
このため、すべての児童相談所にあてはまるわけではないものの、外部から容易にはアクセスできないようになっている一時保護所を設置していることがあります。





東京都練馬児童相談所へのアクセス


名称東京都練馬児童相談所
[注] リンクのURLをクリックすると公式ホームページにジャンプします。
所在地〒176-0012
東京都練馬区豊玉北5-28-3
電話番号03-6915-8253
[注] 児童相談所全国共通ダイヤルは189(最寄りの児童相談所につながります)
管轄区域練馬区
交通案内西武池袋線・西武有楽町線・都営大江戸線「練馬駅」から徒歩7分/首都高速中央環状線「西池袋出入口」から車で15分
一時保護 
備考練馬児相は令和6年6月1日(土)から開所、練馬区立子ども家庭支援センターと同一施設
※ 「一時保護所」とは、児童虐待・置き去り・非行などの理由がある子どもを一時的に保護する施設のことです。

一時保護所における第三者評価

一時保護所には年齢や性別、虐待や非行などの保護理由が異なる児童が混在するにもかかわらず、それぞれの違いに応じたきめ細かな対応がされていないという批判が各種報道やソーシャルネットワーキングサービス上でみられるところです。実際に平成27年に相模原市児童相談所で発生したケースでは、所内で紛失した用紙を探すため、女性職員が一時保護されていた8歳から15歳までの女子を全裸にして所持品検査を行う人権侵害が明らかとなり、公式に記者会見が開かれています。このため一時保護所における福祉サービスの質の確保およびその向上を図ることを目的として、専門知識を持つ中立的な第三者に運営その他の評価を求めるための「第三者評価」を受審するにあたり、その費用を一定の上限の範囲内で国が補助する制度が設けられました。なお、横浜市など一部の自治体では、補助制度創設以前から独自の取り組みとして第三者評価を実施しています。