全国の児童相談所


大阪市中央こども相談センター

大阪市中央こども相談センターは、大阪市が設置する児童相談所です。
児童相談所とは、児童福祉法に基づいて、都道府県および政令指定都市が設置する児童福祉推進のための行政機関です。
必置ではありませんが、特別区や中核市についても児童相談所を独自に設置してよいことにもなっています。
児童相談所では、18歳未満の子供に関する問題について、家族、関係機関、子供本人などからの相談に応じています。
その相談内容に応じて、児童福祉司、児童心理司、精神科医、小児科医などの専門職員が、それぞれ対応しています。





大阪市中央こども相談センターへのアクセス


名称大阪市中央こども相談センター
[注] リンクのURLをクリックすると公式ホームページにジャンプします。
所在地〒540-0003
大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5
電話番号06-4301-3100
[注] 児童相談所全国共通ダイヤルは189(最寄りの児童相談所につながります)
管轄区域此花区、中央区、西区、港区、大正区、天王寺区、浪速区、東成区、生野区、城東区、鶴見区、住之江区、西成区
交通案内地下鉄中央線・長堀鶴見緑地線「森ノ宮駅」から徒歩3分
一時保護この児童相談所には一時保護所が設置されています。
備考
※ 「一時保護所」とは、児童虐待・置き去り・非行などの理由がある子どもを一時的に保護する施設のことです。

幼稚園の預かり保育と幼保無償化

令和元年10月以降の幼保無償化について、幼稚園の預かり保育も無償化の対象ではありますが、その際には現在住んでいる市町村から「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。この「保育の必要性の認定」の要件については、認可保育所の利用と同様に、保護者の就労や病気などで日中の保育ができない等の要件があります。