全国の児童相談所


大分県中央児童相談所

大分県中央児童相談所は、大分県が設置する児童相談所です。
児童相談所とは、児童福祉法に基づいて、都道府県および政令指定都市が設置する児童福祉推進のための行政機関です。
必置ではありませんが、特別区や中核市についても児童相談所を独自に設置してよいことにもなっています。
児童相談所では、18歳未満の子供に関する問題について、家族、関係機関、子供本人などからの相談に応じています。
その相談内容に応じて、児童福祉司、児童心理司、精神科医、小児科医などの専門職員が、それぞれ対応しています。





大分県中央児童相談所へのアクセス


名称大分県中央児童相談所
[注] リンクのURLをクリックすると公式ホームページにジャンプします。
所在地〒870-0891
大分県大分市荏隈2丁目3番1号
電話番号097-544-2016
[注] 児童相談所全国共通ダイヤルは189(最寄りの児童相談所につながります)
管轄区域東国東郡、速見郡、玖珠郡、別府市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、杵築市、豊後大野市、由布市、国東市
交通案内JR久大本線「南大分駅」から徒歩5分/大分バス「こども・女性センター前」停留所下車、徒歩1分
一時保護この児童相談所には一時保護所が設置されています。
備考
※ 「一時保護所」とは、児童虐待・置き去り・非行などの理由がある子どもを一時的に保護する施設のことです。

児童の身体的虐待とは

児童虐待については、「児童虐待防止法」のなかでくわしい定義がなされていますが、一般にいわれる「身体的虐待」というのは、たとえば、子どもを殴ったり蹴ったりする、首を絞める、投げ落とす、熱湯をかけて火傷をさせる、たばこの火を押しつける、風呂に張った水に浸けて溺れさせる、などといった行為が該当します。
児童虐待を発見した人は、法律にもとづき、速やかに児童相談所または福祉事務所に通告しなければなりません。