全国の児童相談所


長崎県長崎こども・女性・障害者支援センター

長崎県長崎こども・女性・障害者支援センターは、長崎県が設置する児童相談所です。
児童相談所とは、児童福祉法に基づいて、都道府県および政令指定都市が設置する児童福祉推進のための行政機関です。
必置ではありませんが、特別区や中核市についても児童相談所を独自に設置してよいことにもなっています。
児童相談所では、18歳未満の子供に関する問題について、家族、関係機関、子供本人などからの相談に応じています。
その相談内容に応じて、児童福祉司、児童心理司、精神科医、小児科医などの専門職員が、それぞれ対応しています。





長崎県長崎こども・女性・障害者支援センターへのアクセス


名称長崎県長崎こども・女性・障害者支援センター
[注] リンクのURLをクリックすると公式ホームページにジャンプします。
所在地〒852-8114
長崎県長崎市橋口町10-22
電話番号095-844-6166
[注] 児童相談所全国共通ダイヤルは189(最寄りの児童相談所につながります)
管轄区域長崎市、諫早市、大村市、島原市、五島市、西海市、雲仙市、南島原市、西彼杵郡及び南松浦郡
交通案内長崎電気軌道「大橋駅」下車、徒歩5分/長崎バス「如己堂下」停留所下車、徒歩1分
一時保護この児童相談所には一時保護所が設置されています。
備考
※ 「一時保護所」とは、児童虐待・置き去り・非行などの理由がある子どもを一時的に保護する施設のことです。

保育園に直接支払い経費と幼保無償化

令和元年10月以降の幼保無償化については、幼稚園、認可保育所、認定こども園、事業所内保育、家庭的保育などの地域型保育、企業主導型保育園、障害児通園施設などを利用する3歳から5歳の子どもの利用料が原則として無料になります。利用料以外の通園送迎費、食材料費、行事費などは無償化の対象とはなりません。ただし、食材料費のうち、おかず・おやつ代などの副食費については、認定こども園、認可保育所、幼稚園に通う低所得世帯などが免除になる場合があります。