全国の児童相談所


宮城県中央児童相談所黒川支所

宮城県中央児童相談所黒川支所は、宮城県が設置する児童相談所です。
児童相談所とは、18歳未満の児童に関するあらゆる相談に応じ、児童や家庭に最も適した援助や助言などを行う機関で、すべての都道府県および政令指定都市に設置されているほか、一部の中核市にも設置されていることがあります。
出産や子育ての悩み、子供の性格としつけ、不登校やひきこもりなどの問題行動、非行その他のことがらについて、児童福祉司、児童心理司、医師などの専門職員が対応に当たります。
また、児童虐待から子供を守るための一時保護も行っています。





宮城県中央児童相談所黒川支所へのアクセス


名称宮城県中央児童相談所黒川支所
[注] リンクのURLをクリックすると公式ホームページにジャンプします。
所在地〒981-3304
宮城県富谷市ひより台2-42-2
電話番号022-341-6985
[注] 児童相談所全国共通ダイヤルは189(最寄りの児童相談所につながります)
管轄区域富谷市及び黒川郡(大和町、大郷町、大衡村)
交通案内富谷市民バス「ひより台二丁目」停留所下車、徒歩1分
一時保護 
備考令和6年4月に宮城県中央児童相談所黒川支所が新設されました。
※ 「一時保護所」とは、児童虐待・置き去り・非行などの理由がある子どもを一時的に保護する施設のことです。

児童相談所強化プラン

平成28年に厚生労働省児童虐待防止対策推進本部において「児童相談所強化プラン」が策定されました。
これは、子どもの貧困対策会議において決定された「すべての子どもの安心と希望の実現プロジェクト」(すくすくサポート・プロジェクト)に基づき、児童相談所の体制と専門性の強化を計画的に実現するためのもので、平成28年度から平成31年度までを計画期間としています。
具体的な内容としては、児童福祉司などの専門職の配置の充実や資質の向上を図るなど、児童相談所の体制と専門性について計画的に強化するものです。
児童福祉司などの専門職の増員、児童福祉司・スーパーバイザーの研修義務化などによる資質の向上、要保護児童対策地域協議会などを通じた関係機関との連携強化その他が挙げられています。