全国の児童相談所


茨城県中央児童相談所

茨城県中央児童相談所は、茨城県が設置する児童相談所です。
児童相談所とは、児童福祉法に基づいて、都道府県および政令指定都市が設置する児童福祉推進のための行政機関です。
必置ではありませんが、特別区や中核市についても児童相談所を独自に設置してよいことにもなっています。
児童相談所では、18歳未満の子供に関する問題について、家族、関係機関、子供本人などからの相談に応じています。
その相談内容に応じて、児童福祉司、児童心理司、精神科医、小児科医などの専門職員が、それぞれ対応しています。





茨城県中央児童相談所へのアクセス


名称茨城県中央児童相談所
[注] リンクのURLをクリックすると公式ホームページにジャンプします。
所在地〒310-0005
茨城県水戸市水府町864-16
電話番号029-221-4150
[注] 児童相談所全国共通ダイヤルは189(最寄りの児童相談所につながります)
管轄区域水戸市、笠間市、ひたちなか市、常陸大宮市、那珂市、小美玉市、東茨城郡茨城町、東茨城郡城里町、東茨城郡大洗町、那珂郡東海村、久慈郡大子町
交通案内JR水郡線「常陸青柳駅」から徒歩5分
一時保護この児童相談所には一時保護所が設置されています。
備考
※ 「一時保護所」とは、児童虐待・置き去り・非行などの理由がある子どもを一時的に保護する施設のことです。

児童相談所と「こども家庭庁」

こども行政の縦割り状態を解消し、横断的・総合的に施策を推進するため、「こども家庭庁」が令和5年4月1日に発足しました。従来は国の児童相談所関連の施策は厚生労働省が所管していましたが、今後は内閣府の外局である「こども家庭庁」が所管することになります。