全国の児童相談所


岐阜県西濃子ども相談センター

岐阜県西濃子ども相談センターは、岐阜県が設置する児童相談所です。
児童相談所とは、児童福祉法に基づいて、都道府県および政令指定都市が設置する児童福祉推進のための行政機関です。
必置ではありませんが、特別区や中核市についても児童相談所を独自に設置してよいことにもなっています。
児童相談所では、18歳未満の子供に関する問題について、家族、関係機関、子供本人などからの相談に応じています。
その相談内容に応じて、児童福祉司、児童心理司、精神科医、小児科医などの専門職員が、それぞれ対応しています。





岐阜県西濃子ども相談センターへのアクセス


名称岐阜県西濃子ども相談センター
[注] リンクのURLをクリックすると公式ホームページにジャンプします。
所在地〒503-0852
岐阜県大垣市禾森町5-1458-10
電話番号0584-78-4838
[注] 児童相談所全国共通ダイヤルは189(最寄りの児童相談所につながります)
管轄区域大垣市、海津市、養老郡(養老町)不破郡(垂井町、関ヶ原町)安八郡(神戸町、輪之内町、安八町)揖斐郡(揖斐川町、大野町、池田町)
交通案内JR大垣駅前から名阪近鉄バス「東高口」停留所下車、徒歩10分
一時保護 
備考
※ 「一時保護所」とは、児童虐待・置き去り・非行などの理由がある子どもを一時的に保護する施設のことです。

メンタルフレンドについて

メンタルフレンドとは、何らかの事情があって学校に行けない、家に引きこもりがちな子供たちのために、話し相手や遊び相手として児童相談所から派遣される大学生や専門学校生などのボランティアスタッフのことをいいます。
メンタルフレンドは子供との信頼関係のもとで自立をサポートするのが目的ですので、登録をしたとしてもいきなり派遣されるわけではなく、児童相談所が派遣が必要と判断したケースについて、子供と保護者の同意を得た上で、その子供にとってベストと考えられる人が派遣されるのが普通です。
また、メンタルフレンドの派遣が決定した場合についても、児童相談所の児童福祉司の指導のもとで、計画書や報告書を作成・提出することになります。