全国の児童相談所


沖縄県中央児童相談所宮古分室


沖縄県中央児童相談所宮古分室は、沖縄県が設置する児童相談所です。
児童相談所とは、児童福祉法に基づき、18歳未満の子供が心身ともに健やかに育つよう、子供に関するどのような相談にも応じる公的な機関のことです。
児童福祉司(ソーシャルワーカー)、児童心理司、医師、家庭相談員などの専門スタッフが相談に当たり、助言や指導などを行うほか、緊急の際には子供を一時保護します。
このため、すべての児童相談所にあてはまるわけではないものの、外部から容易にはアクセスできないようになっている一時保護所を設置していることがあります。




0歳から2歳までの子供と幼保無償化

令和元年10月以降の幼保無償化は、幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する3歳から5歳までの全ての子供たちの利用料が無償化されることになっていますが、0歳から2歳までの子供たちについても、住民税非課税世帯を対象として利用料が無償化されます。さらに、子供が2人以上の世帯の負担軽減の観点から、従来と同様に、保育所等を利用する最年長の子供を第1子とカウントして、0歳から2歳までの第2子は半額、第3子以降は無償となります。


一時保護所の施設

一時保護所は虐待や非行などにより一時保護が必要な子どもを収容することがあることから、個別的なケアに対応できる静養室や個室などが設けられている場合があります。また、強引な引取要求を行う保護者を含め、外部からの侵入を防止するために必要な体制の整備にも努めることとされています。


沖縄県中央児童相談所宮古分室へのアクセス


名称沖縄県中央児童相談所宮古分室
[注] リンクのURLをクリックすると公式ホームページにジャンプします。
所在地〒906-0007
沖縄県宮古島市平良東仲宗根476
電話番号0980-75-6505
備考 
※ 備考欄の「一時保護所」とは、児童虐待・置き去り・非行などの理由がある子どもを一時的に保護する施設を指します。保護者による子どもの連れ去りなどを防止するため、通常「一時保護所」の場所は非公開で、児童相談所そのものの位置とは必ずしも一致しません。